Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

テニスのコツ

テニスで深いボール打てない原因?コートの長さに隠された真実を暴露

投稿日:2018年12月27日 更新日:

テニスで深いボールは、打つのも返し方も、対処がけっこうむずかしいですよね。

プロ選手は、とくになにげなく深いボールを打ったり、返したりしていますが、トップクラスの選手でも、深いボールは打つのも返すのも、けっこう神経を使うショットの一つです。

この記事では、

  1. 深いボール・深い球とはどんなボールか
  2. 深いボールを打つメリットとは?
  3. 実際の深いボールの打ち方

を紹介していきます。

 

スポンサードリンク

テニスの深いボール・深い球とは

深いボールがどんなものか、細かく決め出したらキリがないですが、おおまかに考えると、サービスラインより後ろにバウンドしたら深いボール、サービスラインよりネット側に落ちれば浅いボール、と考えておくとわかりやすいと思います。

ここでよく考えてほしいのは、深いボールを打つのが技術的にむずかしい理由です。

あなたは、テニスコートの大きさを紙の上にちゃんと書いて説明できるでしょうか。左右・奥行きの長さ、割合、サービスラインはどの位置にあるか? などを正確に描けるでしょうか。

テニスコートは、想像以上に細長いことをよく覚えておいてください。

コートの縦の長さは、横幅の約3倍はあります(シングルスコートの場合)。コートを縦に2分割しても、まだ横幅よりも、ネットからベースラインの長さの方が、1.5倍も長いことがわかります。また、ネットとサービスラインの長さの方が、サービスラインとベースラインの間の長さよりも、長いのです。

なので、深いボールを打てるエリアは物理的にせまく、短いボールを打ってしまう確率が高いのも、ある意味では仕方がないことなのです。

 

テニスの深いボールを打つメリットとは?

では、そんな、打てる範囲のせまい深いボールのメリットとは何があるのでしょうか。

大きくわけて3つ挙げてみます。

  1. 相手のネットミスを誘えること
  2. 時間を稼げること
  3. 相手がボールに角度をつけにくいこと

相手のネットミスを誘えること

単純ですが、深いボールが打てると、相手のポジションがネットから遠くなり、単純にネットミスを増加させることができます。

時間を稼げること

相手に角度のあるアングルショットや、ドロップショットを打たれたときでも、深いボールを返すことができれば、自分がベースラインやセンターに戻る時間を作れるので、一発で不利な状況になるのを防げます。

相手がボールに角度をつけにくいこと

深いボールは、角度をつけたアングルショットが打ちにくいものです。

実際に打ってみるとわかりますが、短いボールだとポジション自体が前にいくので、アングルに叩き込むのもむずかしくないのですが、深いボールに角度をつけるとなると、ボールの片側半分を叩いて、しかも球速を出さないと逆襲される危険もあるので、とても難易度が高いのです。

また、相手が角度をつけにくいということは、こちらがコートの外に追い出されることが少なくなるので、走らされる距離が減り、体力の無駄な消費が少なくなります。体力面で不安のあるなら、こういう点も、深いボールを打つメリットになりますね。

 

スポンサードリンク

テニスの深いボールへの対処法・返し方

深いボールへのデメリットは、上に書いた3つのメリットの裏返しになります。つまり、

  1. こちらのネットミスが増える
  2. 攻め込んでも時間を稼がれて攻めきれない
  3. 角度をつけたショットが打ちにくい

なので、深いボールへの対処法は、

  1. 同じく深いボールを返す(ストロークの長期戦覚悟)
  2. 高速アングルショットを覚える

とりあえず深いボールを返しておきさえすれば、状況はイーブンになるので、相手も攻めにくいので、こちらを選択する方が無難でしょう。

テニスは、相手が有利に、自分が不利になるショットを打つのはNGです。どちらも不利になるショットは、こう着状態が作れるので、まだマシだといえます。

上級者向けのテクニックになるのですが、高速アングルショットを身につけるのも効果的です。

プロ選手でいうと、ロジャー・フェデラー選手がたまに打っているを見ますね。フォアハンドだと、ボールのやや右斜め後方を、しっかりと体重を乗せて叩きこむといった打ち方になります。が、これは、けっこうむずかしいので、初心者のうちは、まずは深いボールを打てるようになりましょう。

 

テニスの深いボールの打ち方【実践編】

実際に深いボールを打つときに、どうすればいいのかというと、しっかりラケットを振りきって、腕の力を抜き、体全体で打つことが非常に大切です。

それにプラスして、ベースラインとサービスラインの間にもう一本、仮のラインをイメージして、そこを狙って打つ意識をもってみてください。

これができるようになると、自然にある一定の長さに安定してボールを打てるようになり、極端に深いボールにならないのでアウトの危険性も減らせるようになります。練習のときも、試合のときも、深いボールを打つ!と決めたら、この仮のラインをイメージして、打つようにしてみましょう。

-テニスのコツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テニスのフォアハンドの骨盤を使った上達術。左右の骨をバラバラに?

テニスのフォアハンドを打つときに骨盤を回せ、回転を使え、とはよく言われます。 ですが、本当に自分の骨盤をうまく回せているか、そもそもどうやって骨盤を回すのか、よくわからないと思っていませんか? この記 …

テニスのコントロールが上がる?今すぐやるべき4つの方法を暴露

テニスのコントロールは、1日や2日で上がるものではありません。本来は、何年とボールを打って練習しないと、ピンポイントで狙えるコントロールは身につかないのです。 ですが、どんなものにでもポイントやコツは …

テニスのバックハンドはむずかしくない!得意にする5つのコツ

スポンサードリンク Contents1 テニスのバックのコツ①左肩越しにボールを見る2 テニスのバックのコツ②左手でラケットを引く3 テニスのバックのコツ③両手バックは左手のフォア4 テニスのバックの …

テニスのボレーは振っちゃダメ?今すぐ上達できる4+1のコツ

テニスのボレーを苦手にしている方がけっこういますね。あなたもその一人なのではないでしょうか。 「ストロークは得意なのだけど」、「ネットの近くに行くと落ち着かない」、「ダブルスが苦手」・・。これは非常に …

テニスのオープンコートの作り方。知らないと損する必須戦略とは?

テニスでオープンコートの作り方を、知っているのといないのとでは、勝つ確率が大きく変わってきます。 テニスは基本的に、相手のいないところにボールを打って勝つゲームです。なので、どうやって相手を動かしてオ …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!