Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

テニスのコツ

テニスのイメージトレーニングの効果が実力を爆上げする理由を暴露

投稿日:2018年12月23日 更新日:

「テニスでイメージトレーニングすると、練習の効果がすごくあがるぞ!」と、コーチや先輩から言われたものの、具体的にどうやったら効果的なイメトレができるか、よくわからないのではありませんか?

この記事では、

  • なぜプロ選手は毎回正確なインパクトができるのか?
  • 「ミラーニューロン」を使う大切さ
  • 実力を爆上げするイメージトレーニングの方法

をお伝えします。

 

スポンサードリンク

なぜプロ選手は毎回正確なインパクトができるのか?

歴史上偉大な選手であるロジャー・フェデラーや、日本を代表するプロ選手・錦織 圭選手が、なぜ毎回正確なインパクトをし、自在なショットができるのでしょうか。

もちろん、彼らが膨大な時間練習し、一般の方ができないほどたくさんの試合や、困難なポイントをくぐり抜けてきたから、というのも理由の一つでしょう。

それにくわえて、最近注目され始めたのが、「ミラーニューロン」という神経細胞の存在です。一流のプロ選手が、正確なインパクトを何度もできるのは、このミラーニューロンを最大限使っているからだと、考えられています。

 

「ミラーニューロン」を使えば運動せずに運動したのと同じ練習効果がある?

ミラーニューロンって何?

ミラーニューロンという言葉を、初めて耳にしたのではないでしょうか。

ミラーニューロンとは、別名「モノマネ細胞」とも呼ばれています。1996年に、イタリアのパルマ大学のジャコーモ・リッツォラッティ博士たちによって発見された、わりと新しく発見された存在です。

ミラーニューロンを使うとどうなる?

また、ミラーニューロンを研究しているマルコ・イアコボーニ博士の言葉をまとめると、

「プロ選手の動きがどうなっているのかわかるのは、人の脳内にその動作の類型があるからで、この類型は、自分自身の動きが元になっている」

「ちがう動きでも、似たような動きなら同じ筋肉を、ミラーニューロンは活性化させるので、プロ選手と同じテクニックがなくても、脳細胞(ミラーニューロン)→脊髄→筋肉という運動神経を活性化させることにつながる」

「なので、プロ選手の動きを見ただけでミラー(=鏡)ニューロンが動きだし、その選手と一体化することができる」

というようなことを言っています。

ちなみに、ミラーニューロンが存在する脳内の場所は、前頭葉と頭頂葉の2か所だとわかっています。

 

スポンサードリンク

実力を爆上げするイメージトレーニングの方法

なので、イメージトレーニングでは、ミラーニューロンを活発化させることが、テニスのレベルアップには必要不可欠です。ですが、積極的にミラーニューロンを活発化させようと意識している人は、プロのレベルでも少ないといわれています。

実は、このイメージトレーニングは、非常に簡単で、あなたも今すぐに始められます。それは、「プロ選手が実際にプレーしている映像を見るだけ」なのです。

たとえば、錦織 圭選手の協力なフォアハンドが打ちたければ、彼がフォアを打っている映像を見ればいいのです。その映像を見ているだけで、あなたの脳内のミラーニューロンが活性化し、彼の力強いフォアのスイングを吸収してくれる、というわけです。

 

テニスのイメージトレーニングには動画アプリを有効活用!

ここで一つ落とし穴があります。確かにプロ選手の映像を見ればいいのですが、テレビのお笑い番組やニュースを見ているみたいにボーッとしているだけではいけません。

まるで、あなた自身が錦織 圭選手のような、憧れの選手になったかのようなイメージを持ちながら、何度もくり返し動画を見ること。この「●●になったかのようにくり返し見る」というポイントが非常に重要です。

ミラーニューロンは「映像記憶」なので、そのままの映像・動きを脳内に取りこみます。なので、どうやって錦織 圭のようなプロ選手がその動きをしているのか、テニス雑誌や解説書・WEB上のテニス記事などを読みながら、動作の説明を頭に入れる必要があります。

たとえば、錦織選手のフォアハンドをマネようと思っても、インパクトの瞬間は非常に速くて目で追うことはむずかしいものです。

親指方向に自然に腕をひねるプロネーション(=回内動作)が起きていること、ラケット面のスイートスポットでとらえるとスピン量が多くなるが、少しヘッド側でとらえると遠心力がくわわって、よりスピードボールが打てることなどは、解説されないとなかなかわからないものです。

だから、そのショットがどういう体の使い方で実現しているのかを理解しつつ、映像を見ることが上達の近道になるのです。

今は、動画アプリを使って、自分のスマホでいつでもプロ選手の映像が見れますから、イメージトレーニングし放題です。ぜひ、日々の練習に、イメトレをしてみてくださいね。正しいスイングを修得するスピードが格段に上がりますよ!

-テニスのコツ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テニスのサーブはむずかしくない。初心者におすすめの6つのコツ

テニスのサーブは、初心者の方はむずかしいと感じてしまいがちです。 ですが、テニスのサーブは、自分から打てる唯一のショットなので、ポイントをつかんで自分のリズムで打てるようになれば、安定して相手を攻撃で …

テニスのリターンは初心者の必須技術。錦織圭に学ぶ戦術の極意とは?

テニスのリターンは、初心者にとって、サーブと同じくらい大事なショットなのですが、あなたは軽視していないでしょうか? 実は、テニスの試合のうち、サーブとリターンで決まるポイントの割合は、30%にもなりま …

テニスのロブの苦手克服。スピン・スライス両方のコツを完全公開

テニスのロブは、逃げのときに使う弱気なショットだと思っていませんか? また、コントロールしにくくて、浅くなってしまったり、うまく相手が嫌がるところに打てないと悩んではいませんか? ロブは、戦略次第で非 …

テニスのローボレーが苦手な人必見。これだけはやってはいけないポイント4選

テニスのローボレー、うまく打てなくて悩んでいませんか? ネットにかけたり、アウトになったり、緩いボールしか返せなかったり・・。 ローボレーは、テニスでむずかしいショットの一つです。ボレー自体を不得意に …

テニスの3つのポジションをシングルスで変えてポイント強奪率アップ!

テニスの3つのポジションを、シングルスでは切り替えてゲームをする必要性があります。 この考え方をしていない人がけっこう多くて、もったいないな、もっと効果的にポイントがとれるのにな、と思うことがけっこう …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!