Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

テニスのコツ

テニスでホームランを量産してしまうあなた必見。今すぐ解決できる4つのコツとは?

投稿日:2018年12月16日 更新日:

テニス初心者のあなたは、「自分の打ったボールがホームランしてしまって、チームメイトや友達に迷惑をかけている・・」と、悩んでいませんか?

趣味でテニスを始めると、なかなか自分が納得できるような練習時間がとれなくて、運動神経がバツグンな人でもない限り、上達するのに時間がかかるものです。テニスはゲームができるようになるのに、覚えなくてはいけないショットがけっこうありますからね。

でも、実はちょっとしたコツでホームランを防げるようになります。ささいなことなのですが、意識するだけであなたのストロークが変わる4つのコツを紹介します。

 

スポンサードリンク

テニスのホームランを防ぐコツ①ラケット面を上に向けない

ストロークがホームランになってしまうなら、ほぼ100%、インパクトの瞬間にラケット面が上を向いています。なので、ボールを打つ瞬間は、ラケット面をもっと意識して、今までよりも伏せ気味にしましょう。

 

テニスのホームランを防ぐコツ②正しい打点で打つ

ストロークに限らず、テニスでは、正しい打点で打つことがとても大切です。どこのインパクトポイントでも、打てないことはないですが、それがホームランの原因になっている場合もあります。あなたは、自分の正しい打点がどこか、正確にわかっていますか?

ストロークで正しい打点がどこか判断するには、インパクトの瞬間のフォームを作って、誰かにラケット面を押してもらいましょう。高い打点、低い打点、腰くらいの高さの打点と、さまざまなインパクトを作ってから押してもらい、そのとき、「一番力が入る!」と思った高さが、正しい打点です。

正しい打点を探すときに注意してほしいのは、あなたのグリップ(握り方)によって、正しい打点の高さ・位置が変わる点です。

あなたのグリップが厚い(フォアハンドでいうとウエスタングリップ)なら、打点は肩の高さ付近で、身体に近くなります。薄めのグリップ(フォアハンド・イースタングリップ)くらいなら、打点が腰の高さに近づき、身体からやや遠めになります。この距離感が、基本になります。

 

スポンサードリンク

テニスのホームランを防ぐコツ③トップスピンをかける

ホームランを量産してしまうなら、回転のかかっていないフラット(無回転)に近いボールを打っていると思います。回転がかかっているなら、空気抵抗が増えて落ちやすくなりますし、トップスピンがかかっているなら、ボールは自然にコートに収まりますから。

つまり、トップスピンをかければ、ストロークでホームランすることは、ほぼなくなります。回転をかけているのにホームランになってしまうなら、回転不足か、コツ①の打点が間違っているか、のどちらかです。

また、「回転をかけることで、スピンが強くなりすぎて、威力のないボールにならないかな?」と疑問に思うかもしれませんが、そんな疑問を持つ前に、ホームランをなくす方が先決です。まずはもっとトップスピンをかけて、ボールがコート内に収まる感覚を身につけてください。

 

テニスのホームランを防ぐコツ④全球スライスで返す

これはちょっと裏技に近くなりますが、全部のボールをスライスで返すという技もあります。スライスは、バックスピン(逆回転)のことですね。

スライスは、薄めのグリップ、つまりボレーをするときの握り方になります。個人差はありますが、コンチネンタルグリップで握ることが多いですよね。このグリップの長所は、打点の範囲が広く、上から下にスイングしてスライス回転をかけるだけで、どんな高さ・強さのボールが飛んできても、とりあえず返してしまえるところにあります。

「ホームランが治らない・・」と悩んでいるなら、とりあえずスライスを打つ、というのは立派な選択肢です。全部のボールをスライスにするのが嫌なら、まず、自分がホームランしてしまうボールは、どんなボールなのか考えてみましょう。

高いボールを返すときにホームランしてしまうなら、そのボールだけスライスで返すようにする、ということです。

苦手なボールが来たら、まずはスライスで確実に返せるようにして、それからトップスピンでも大丈夫なように、上記のコツ①、②、③を身につけていけばよいでしょう。

-テニスのコツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

テニスのスマッシュはシンプルに打とう。5つのコツで簡単マスター!

テニスのスマッシュを苦手にしている人は本当に多いです。とくに、サーブが苦手な人はスマッシュが不得意になりがちですね。 スマッシュは、とにかくむずかしく考えないことがポイント。今すぐ実践できる5つのコツ …

テニスのストロークのインパクトで仲間に差をつけるたった3つのポイント

テニスのストロークが成功するかどうかは、インパクトで決まってしまいます。テイクバックやスイング軌道ではなく、インパクトがもっとも重要です。 ですが、ミスをしたときに素振りをして、自分のスイングを確認し …

テニスで深いボール打てない原因?コートの長さに隠された真実を暴露

テニスで深いボールは、打つのも返し方も、対処がけっこうむずかしいですよね。 プロ選手は、とくになにげなく深いボールを打ったり、返したりしていますが、トップクラスの選手でも、深いボールは打つのも返すのも …

テニスのルールって独特?これだけ押さえておけば間違いない5つのポイント

テニスのルールはけっこう独特で、初めてする人や知らない人が聞くと、「え、何それ?」と驚くことがあります。 この記事では、そんなテニスのルールで、これだけ覚えておけば試合もできるし観戦も楽しくなるという …

テニスで反復練習をする理由|1万回も同じショットを打つ必要ある?

「テニスは反復練習することが上達の近道だ!」と言われた経験がありませんか? 確かに、同じ練習をひたすらやればショットが身につくのは、なんとなくわかりますが、でも「同じ練習を何度もしたくない」、「なんで …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!