Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

テニスのコツ

テニスのエッグボールって何?球質から打ち方まで完全に暴露

投稿日:2018年12月17日 更新日:

テニスのショットのエッグボール、聞いたことはあるけど何か知らない、どうやったら打てるの?と疑問に思いませんか?

この記事では、エッグボールの球質から打ち方まで、エッグボールにまつわる疑問を解説していきます。

 

スポンサードリンク

エッグボールとは、【より強力なトップスピン】のこと

エッグボールとは、普通のトップスピンよりも強力なショットで、ストロークの打ち合いで、相手をベースラインに釘付けにすることができます。

普通のトップスピンの軌道は、横から見ると、半円の形をしています。スピンの軌道の頂点が、ネットの真上に来ます。

ですが、エッグボールは、まっすぐかやや上方の軌道になって、ベースラインの付近で急降下します。なので、エッグボールの名前のとおり、卵を半分に切ったときの断面のような軌道になります。

なので、打たれた相手から見ると、フラットのようなまっすぐの軌道で飛んできて、急にストンと落ちるので、対応しにくく、返すのがむずかしいボールになります。

 

テニスのエッグボールは簡単には打てない!

相手にプレッシャーを与えられるエッグボールですが、実は簡単には打てません。

エッグボールは、簡単に言うと、トップスピンの一種です。でも、ベースライン付近までまっすぐに飛んで、最後にストンと落ちるボールなんて、普通に考えて、簡単に打てるわけありませんよね?

エッグボールの打ち方を簡単に言うと、

  • しっかり体重を乗せてボールを打つ(無理にこすりあげたりしない)
  • 厚い当りでボールを打つ
  • フォロースルーでしっかりスピンをかける
  • 右足をしっかり前に出す

です。具体的に、下記で解説していきます。

 

スポンサードリンク

テニスのエッグボールの打ち方①正しい打点に入る

エッグボールの打点は、あまり落とさずに、高めの打点の方がいいです。下がって、打点を落としすぎると、相手ボールの威力をうまく使えなくなるので、肩~腰の高さで打った方がいいでしょう。

テニスのエッグボールの打ち方②後ろから前のスイングを意識

エッグボールは、結局はトップスピンなのですが、でも、通常のトップスピンよりも、後ろから前のスイングを意識して、下から上のスイングは比較的抑えめにした方がいいでしょう。

なぜかというと、エッグボールは、ベースライン付近でストンと落ちる軌道の性質上、フラットのような後ろから前のスイング軌道は必須になるからです。ただ単に、下から上に振り上げるスピンのスイングだと、普通のスピンと変わらないボールにしかなりませんから。

 

テニスのエッグボールの打ち方③最後だけスピンを強調する

前から後ろのスイングを意識しつつも、インパクトからフォロースルーにかけての瞬間に、気持ちだけ、スピンを強調するとよいでしょう。

気持ちだけ強調するというのは、手首を最後だけ意識して返すことによって、フラット+スピンの軌道が実現して、ベースライン付近でストンと落ちるボールになります。

気をつけてほしいのは、スピンをかけようとして、無理に手首を返してはいけないということ。無理に最後にスピンをかけようとして、手首を返すことを意識しすぎると、かえって故障したり、ケガの原因を作ってしまったりします。気をつけましょう。

 

テニスのエッグボールの打ち方④右足をしっかり前に出す

ちゃんと体重が乗って、前から後ろのスイングができ、最後でスピンをかけられると、フォロースルーで右足がしっかり前に出ます。(右利きの場合。)

これは、身体全体を使って打てたからで、途中でスイングの運動連鎖が止まってしまうと、左足を追い越すほど右足が前には出ません。

なので、最後に右足が前に出たかどうかは、エッグボールが打てているかどうかのチェックポイントの一つになるでしょう。

-テニスのコツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バックハンドスライスの打ち分けで効果的なコース7選【中級者向け】

テニスのバックハンドスライスを効果的に打ち分けたいと思っていませんか? プロのテニス選手は、さまざまなところにスライスをコントロールして、うまく相手のペースを乱したり、甘いボールを引き出して強打したり …

テニスのスマッシュはシンプルに打とう。5つのコツで簡単マスター!

テニスのスマッシュを苦手にしている人は本当に多いです。とくに、サーブが苦手な人はスマッシュが不得意になりがちですね。 スマッシュは、とにかくむずかしく考えないことがポイント。今すぐ実践できる5つのコツ …

テニスのフォアハンドの骨盤を使った上達術。左右の骨をバラバラに?

テニスのフォアハンドを打つときに骨盤を回せ、回転を使え、とはよく言われます。 ですが、本当に自分の骨盤をうまく回せているか、そもそもどうやって骨盤を回すのか、よくわからないと思っていませんか? この記 …

テニスを分析し明日から生まれ変わる方法。SWOT分析を最大限活用

テニスをレベルアップさせるためには、分析して試合の結果や練習方法にフィードバック(反映)させることがとても大切です。ただボールを打つだけの人と、どこを改善すべきかわかっている人は、上達の速度がまったく …

テニスのライジングはむずかしくない?今日から実践できる4つのコツ

テニスのライジングショットは、むずかしいとよく言われます。 ライジングとは、普通のストロークよりも早いタイミングで返すショットのことですが、なかなか思うようにボールをコントロールできなかったり、ネット …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!