Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

テニスのコツ

テニスで反復練習をする理由|1万回も同じショットを打つ必要ある?

投稿日:2018年12月23日 更新日:

「テニスは反復練習することが上達の近道だ!」と言われた経験がありませんか?

確かに、同じ練習をひたすらやればショットが身につくのは、なんとなくわかりますが、でも「同じ練習を何度もしたくない」、「なんで反復練習しないといけないの?」と思いますよね。

この記事では、反復練習をしないとショットが身につかない理由、実際に効果的な反復練習の方法を、紹介していきます。

 

スポンサードリンク

反復練習を1万回しないとショットは身につかない?

強力なサーブ、正確で速いフォアハンド、キレのあるボレーなど、身につけたいショットがあるとして、そのショットを実際に打とうとすれば、あなたは、「速くラケットを振ろう」、「インパクトで力を入れよう」、「ラケット面をもう少し開こう」と、意識しながらボールを打っていると思います。

ですが、この意識している状態、顕在(けんざい)意識で体を動かしている状態では、安定したショットは身につきません。なので、無意識のうちに正確な動作を行える、潜在意識で体をコントロールさせる必要があります。

この潜在意識に自分の目標とするショットをすり込ませるには、反復練習をくり返して、無意識のうちに体を動かせるようにならないといけないのです。

たとえば、プロのサーブは、非常に安定していますよね。偉大なプロ選手、ロジャー・フェデラーのような超絶レベルになると、3セットの試合でダブルフォルトが0、みたいなこともあります。プロ選手の動きは、完全に無意識でコントロールされています。なので、毎回同じ、正確なインパクトが実現できるのです。

この無意識の動きは、1万回同じショットをくり返さないと身につかないと言っている学者がいるくらいなのです。

 

止まったボールを打つプロゴルファーでさえ同じショットを何百球と打つ

テニスにくらべると、ゴルフは、止まったボールを打つのでインパクトの難易度は下がります。

それでも、女子プロゴルファー達は、毎日3~400球も打ちます。それも、同じクラブで、同じショットを、です。14本のセットの全部のクラブを使っているわけではなく、マスターすべきクラブを集中して練習するのです。

テニスは、始終移動してボールを打つことになるので、ゴルフのような反復練習を実行するのがむずかしく、これが初心者がなかなか上達できない原因にもなっています。

 

スポンサードリンク

テニスの反復練習は「100球ドリル」が基本?

なので、初心者であればあるほど、早く上達したいのであれば、始めは反復練習を徹底してやりましょう。

おすすめなのは、「100球ドリル」です。これは、練習相手に球出しをしてもらって、フォアハンドならフォアハンドだけを100球打ちます。このときに、10球打ったら10秒休憩をとる、といったリズムで練習すると、試合と同じような感覚でできるので、体を自然と試合の時間感覚に慣らすことができます。

 

テニスの反復練習例【サーブを上達】

サーブを上達させたいなら、まず練習時間を区切って、上達させたい球種・コースを集中させましょう。

たとえば、1時間の練習時間があるとして、デュースサイドからワイドに打つスライスサーブを修得したいのなら、

  1. 30分(全体の半分)→デュースサイドからワイドのスライスを練習
  2. 残りの30分を、
    ①デュースサイドからセンターのサーブ
    ②アドサイドからワイドへのサーブ
    ③アドサイドからセンターへのサーブ

というように、重点的に練習したいサーブを中心にしましょう。1分間で5本のサーブを打てるのであれば、5本×30分=150本のデュースサイドからワイドのスライスサーブが練習できる計算になります。100球ドリルに届きますね。

 

テニスの反復練習まとめ

この記事で紹介したサーブ練習ができれば、たった30分で100球練習をクリアできます。

また、この反復練習の回数を積み上げて、1つのコースに確実にサーブを入れられるようになると、他の球種・コースを狙うのが、1からサーブを練習するのにくらべて、早く・正確に修得できるようになります。

ローマは一日にしてならずと言いますよね。でも、その一歩が、確実にあなたを上達させてくれます。あきらめずに挑戦してみてくださいね。

-テニスのコツ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セカンドサーブで負けないメンタルを作るには?不安に打ち勝つ4つの手順

セカンドサーブは、正しく「マインドセット」すれば、必ず不安に打ち勝つことができます。 「マインドセット」とは、物の見方や考え方のことですが、テニスでいうと、プレーヤーの持つべき心構え・気持ちのもってい …

テニスでホームランを量産してしまうあなた必見。今すぐ解決できる4つのコツとは?

テニス初心者のあなたは、「自分の打ったボールがホームランしてしまって、チームメイトや友達に迷惑をかけている・・」と、悩んでいませんか? 趣味でテニスを始めると、なかなか自分が納得できるような練習時間が …

テニスのエッグボールって何?球質から打ち方まで完全に暴露

テニスのショットのエッグボール、聞いたことはあるけど何か知らない、どうやったら打てるの?と疑問に思いませんか? この記事では、エッグボールの球質から打ち方まで、エッグボールにまつわる疑問を解説していき …

テニスのスマッシュはシンプルに打とう。5つのコツで簡単マスター!

テニスのスマッシュを苦手にしている人は本当に多いです。とくに、サーブが苦手な人はスマッシュが不得意になりがちですね。 スマッシュは、とにかくむずかしく考えないことがポイント。今すぐ実践できる5つのコツ …

テニスのイメージトレーニングの効果が実力を爆上げする理由を暴露

「テニスでイメージトレーニングすると、練習の効果がすごくあがるぞ!」と、コーチや先輩から言われたものの、具体的にどうやったら効果的なイメトレができるか、よくわからないのではありませんか? この記事では …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!