Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

ニュース速報 芸能・ゴシップ

武田双雲 胆のう手術で2日で退院?嫁や母はどうしていた?書道教室は?

投稿日:

書道家の武田双雲さん(43歳)が、胆のう手術で、8か月も我慢した胆のう炎が、術後2日で退院できたそうです。

そんなに大変だった胆のう手術なのに、どうして2日で退院できたのでしょうか?

そのとき、武田双雲さんの嫁さんやお母さんはどうしていたのでしょうか?また、書道教室の運営は誰がしていたのでしょうか?

 

スポンサードリンク

武田双雲 胆のう手術で2日で退院?

(画像引用元:武田双雲 公式ブログ)

武田双雲さんが胆のうの異変に気づいたのは、2011年8月1日のことだそうです。

当時、書道家としての仕事のほかに、出版物やイベント、テレビ出演などいろんなオファーが一斉に殺到して、ものすごく忙しかったんです。で、初めて“1カ月丸々休む”と決めていた、その休み初日の激痛でした。脇腹から背中にかけて、とにかく痛い。痛すぎて壁を思い切りパンチして手が腫れあがっても、そっちの痛みは感じないくらいでした。

(引用:Yahoo!ニュース)

これは本当に痛い症状ですね。殴った握りこぶしの方の痛みがわからないということは、実際に傷んでいる胆のうが、かなり深刻な症状になっていたということです。

私も実際に体験があるのですが、交通事故で車にひかれて、足首の骨が折れたときでも、強打した肩の方が痛かったという中学生のときの記憶があります。

そのときも、実際には肩の方が重傷だったのです、あとでお医者さんに聞いたところによると。

そんな感じで、実際に重傷だったところの方が、本当にひどい状態で、他の部分がいくらケガや病気になろうとも、感じないということは十分にありえます。

さらに、

近くの病院に行ったものの、痛み止めがなかなか効かず、最終的にバズーカ砲みたいな太い注射をお尻に打たれたんです……。それが効きすぎて気を失って、3日間車イスでの通院になりました。そのうち痛みはとれたのですが、あれこれ検査しても原因が分かりません。家にいても具合が悪く、気持ちが悪い。さらには熱が出て、子供に「パパ、黄色い」と言われて目に黄疸が出ていることに気づきました。そして、1週間ほど経って再びあの激痛に襲われたんです。

(引用:Yahoo!ニュース)

その後、なんとか持ち直して、東洋医学などいろんなことを試したあげく、けっきょく体調は良くならずに、8カ月養生した結果治らなくて、仕事に追われるなかでさらに体調が悪くなり、結局は別の病院に運ばれる事態になりました。

最終的には、「なんでこんな状態になるまで放っておいたのですか?」とそこのお医者さんに注意されるくらいに、症状が悪化していて、胆のうの腹腔鏡手術で、無事に手術は摘出が終了し、たった2日間で退院できたのでした。

それでも、なかなか体調が元に戻らずに、大変な思いをしたそうです。精神的なダメージや、結膜炎や逆流性食道炎になったり、胆のう炎に実際になるまでの予兆を見逃していたりといろいろとあとから気づいたり。

また、武田双雲さんは胆のう手術をしてからは、食生活に気をつけるようになり、油の取り方やオーガニック食材の摂取などに興味を持ちだして、オーガニックカフェや味噌汁専門店をオーナーになって自ら運営したりなどして、体のことを考えるようになったそうです。

 

武田双雲 胆のう手術のとき嫁・母は?

武田双雲さんが胆のう手術を受ける前やあとで、お嫁さんやお母さんはどうしていたのでしょうか?

武田双雲さんのお嫁さんである、武田玲子さんは、武田双雲さんの書に対して、「やりすぎ」とか「調子に乗りすぎ」とか、意見を言う唯一の存在だそうです。

忙しくなった時期に「もうちょっと読めるようにしなきゃ」って言われたのを覚えている。「ええ~?」とも思うけど、「そうか」って考える。僕も確信持ってるわけじゃない。玲子は唯一、僕に意見をしてくれる人だから。

(引用:Yahoo!ニュース)

と、武田双雲さん自身も語っています。

また、武田双雲さんのお母さんは、武田双雲さんが小学生1年のときから、字に対する指導を行っていて、脱サラで書道家になった武田双雲さん自身も、「自分が書道家になるなんて考えてもいなかったし、今の自分がいるのは、母のおかげ」と言いきっています。

武田双雲さんが胆のう手術をしたときも、お嫁さんの玲子さんだけでなく、お母酸の存在も大きな支えになったことだろうと思います。

 

スポンサードリンク

武田双雲 胆のう手術のとき書道教室は?

武田双雲さんさんは、胆のう手術を受けたときに、自分の教室に通っていた生徒さんでネガティブな人がいたそうです。

その人が、「私たち、体だけは健康なんです」と言っていたそうで、「自分がネガティブだと思っていて、精神的に強くないと思っていた生徒さんが、自分よりも強い気持ちで自身の健康とう向き合っている」と衝撃を受けたそうです。

確かにそう思ってしまうかもしれませんね。自分が教える立場で、自分よりもすぐれた存在だと思っていなかった方からそう言われてしまう、びっくりしてしまうことでしょう。

ですが、そんな前向きな、自分よりも「書」では劣っていると思っていた生徒さんでも、、別の部分では自分よりも何倍も優れていると感じたときに、人は強くなれるのではないでしょうか。

武田双雲さんが書道教室を今でもしっかり続けていらっしゃるのも、収入のため以外にも、こういう点が支えになっているからかもしれませんね。

 

武田双雲 胆のう手術へのコメント

好意的なコメント

  • 最初に敗血症で搬送とかにならなくてよかったね
  • 詳しく知らないのに批判することは避けなきゃいけないし、後医は名医とは言うけど、これはちょっとなあ
  • 一年以上経過しましたが何も無かったように過ごしていますし、暴飲暴食はしませんが普通に食事もしています。
  • あの激痛を思えば、ほんとに手術を受けて良かったと実感しています。
  • 身体が弱くなると精神的にも弱くなるからこそ。
  • 日々の生活習慣において健康という考えを、いつもどこかに持っていたいなと、そう感じました。
  • 担当した医師に対するコメント
  • まー身から出た錆的話ではありましたが、胆嚢炎を見抜けない医者ってなんですかね。血液検査で一発。後はエコーとMRIで補強すればすぐわかるはずですが。手術断る理由もよくわからない。ちゃんとした医者なら今から養生なんて言うはずないんですが、よっぽどゴネて断ったんですかね。まーあまりこの経験談を喋らない方が良いんじゃないですかね。
  • 決して侮ってはいけないのと、医者の選定はしっかりしないととんでもないことになります。今は落ち着いていますが、いつまた胆管炎が起きるか、気の抜けない日々です。

(引用:Yahoo!ニュース コメント)

早期発見が大事だったというコメント

  • 御自分の臓器だからと言って、炎症を起こして居る胆嚢を取り除くのを拒否した結果、最悪の健康状態に成り、胆嚢摘出では、周囲の胃とか腸とかに癒着してからの手術は面倒だったと思います。私も胆嚢摘出で腹腔鏡手術を受けて居ますが、武田さんが最初に手術を勧められた時点で受け入れていればと思いました。
  • 胆石は原因を取り除かないと、何時石が管を詰まらせて炎症を起こすか分からない病気。さっさと胆嚢を摘出するのが一番。ただ内視鏡で出来るか、開腹するかは、太り過ぎだと開腹になりますね。10年以上前ですが、自分は内視鏡だったのに、自分よりもっと痩せてる人が開腹していました。

(引用:Yahoo!ニュース コメント)

-ニュース速報, 芸能・ゴシップ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

山口めろんの過激画像&卒アルが激ヤバ?ピアノ・歩いて帰ろう動画が好評

メロンキャラのタレント、山口めろんさんの過激画像、卒アルが激ヤバ?だと話題になっています。 また、ピアノで弾いた「歩いて帰ろう」の動画が好評だともいわれていますね。 どういう感じなのか、調べてみました …

ワンオクTakaと浅田舞の羽田空港密会画像!結婚?英語が上手いわけ

ワンオクのTakaさんと浅田舞さんです♪ (画像引用元:https://media-groove.com/) ワンオクのtakaさんが、熱愛中の浅田舞さんと、羽田空港からアメリカにデートしにいったこと …

本田圭佑の移籍先言及の真相「別にどことか言ってねえ」嫁・子供も大変だ!

サッカー元日本代表の、本田圭佑選手の移籍先言及報道が話題になっていますね♪ 本田圭佑選手の口ぶりだと、「別にまだどこに移籍すると言ってませんから(怒)」的な雰囲気が感じられて、メディアの対応に少々不満 …

有吉ゼミのネイルプリンターが10秒でネイルできて激アツ!

「有吉ゼミ」で紹介されたネイルプリンターが、たった10秒でネイルできると話題になっています! YouTube動画でとりあえず使い方や、どんな感じなのかわかるので、確認してみてはいかがでしょう? 購入す …

田村淳が広告塔被害また?総額3750万円?インスタ関連会社に投資?

(画像引用元:https://entertainmentstation.jp/68342) ロンブーの田村淳さんが広告塔被害また?と話題になっていますね。 総額3750万円の被害で、インスタ関連会社に …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!