Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新の事件・事故のニュース、CM情報、YouTuberのネタなどを紹介しています。

ニュース速報 事件・事故速報

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープ|心臓血管外科で手術強制終了?

投稿日:

さいたま医療センターが「週刊ポスト」でスクープ記事を上げられていました!!

なんと、心臓血管外科手術を受けた患者さんが、内容をちゃんと説明されないまま、何人も強制転院されていたそうなのです。

これが本当なら、昨年の東大病院での心臓手術死亡事故と、ほぼ同レベルの重大な医療トラブルが起きていたことになります。

情報を集めて、事実の真相を考察してみました。

 

スポンサードリンク

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープは告知なしの手術強制終了?

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープは、最新号(2019年3月8日号)に掲載された記事に詳細が載っていました。

さいたま医療センターは、昨年(2018年)7月に、とある個人病院で健康診断を受けた「A氏」が、「今のままだと危険です。すぐに手術を受けないと」と医師から言われて、自治医科大学付属さいたま医療センターに紹介状を持って受診したことから、事件が始まります。

このとき発見された持病は、「胸部大動脈瘤」と言われる、非常に深刻なものでした。これが悪化したと個人病院で判断されたので、すぐに紹介状を書いてもらって、さいたま医療センターの心臓血管外科を受診したと、週刊ポストは語っています。

自治医科大学付属さいたま医療センターは、全国に計5つの系列病院を所有しているうちの中でも、心臓血管の分野の技術の高さを、大きく評価されています。

広く患者さんを受け入れる方針、「診療要請を断らないポリシー」をモットーに、2017年には、年間976例の心臓血管外科手術をしていて、その中でも動いている心臓に直接メスを入れる「開心術」は、500例を超えていると言われています。

それだけの手術キャリア・実績を持っているさいたま医療センターが週刊ポストにスクープを書かれるような失態を犯してしまったのは、昨年(2018年)の9月になっても、入院日・手術日になっても、まったく日取りが決まらずに、ダラダラと時間が過ぎていってしまったのです。

つまり、さいたま医療センターで週刊ポストのスクープとは、「胸部大動脈瘤」という重症な持病を持っている患者さんを受け入れたにも関わらず、手術をすることも拒むこともせず、何の回答もしなかったという事実でした。

 

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープは心臓血管外科の全面拒否?

さいたま医療センターの週刊ポストでスクープされたトラブルとは、病院関係者の中では、実は周知になっていた事実だったのです。

医療関係者や、医薬品関連の業界で仕事をしている人たちの間では、「自治医大さいたま医療センターの心臓血管外科手術の、受け入れ態勢がまったく整っていない!」と、ウワサになっていたのです。

大学病院が、外部に公表することなく手術を停止してしまったのは、ものすごく異常な事態で、これが本当なら、さいたま医療センターの信頼性は、暴落状態になってしまったといっても、過言ではありません。

このウワサの真相は、上述した胸部大動脈瘤で入院したA氏が診断を受けた個人病院へ、さいたま医療センターの心臓血管外科の「B氏」が、下記の「御報告」と称された異質な文書にありました。

以下に全文を引用します。

実を申し上げますと、当医療センター心臓血管外科手術において合併症が発生し、原因究明のためスタッフ一同全力を尽くしております。そのため開心術および重症患者様の手術は中止が妥当と判断しており、この状況が改善するまでに今しばらく時間がかかりそうな状況です。

※上記の画像が実際の 御報告です。

つまり、「心臓血管外科の手術は当分やらないよ!」と堂々と宣言したようなものです。

これって、相当ヤバイことがわかりますよね? 大学病院が、手術をしないよ!と宣言したようなものですから・・。

 

スポンサードリンク

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープで今後お産をするのはやめた方がよい?

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープで、今回わかった心臓血管外科手術だけでなく、今後お産をするといった、他の病気になったときも受診はちょっと考えた方がいいかもしれませんね。

なぜかというと、今回の心臓血管外科手術の件で、本来手術を受けなければいけないほどの重症だったA氏が、商品券をもらって、「手術後に合併症が発生する原因を突き止めるために調査中です」とだけ言われて、今回のことはなしにしてくれ、と暗黙の了解を迫られてしまったからです。

しかも、今回の一件で、ある意味口止め料としてもらった商品券の金額は、なんとたったの3000円分でした。

そして、A氏は、知り合いの紹介で、別の病院を紹介してもらって、すぐに胸部大動脈瘤手術を受けさせてもらったところ、「すぐに手術をしていなかったら、命が危なかったですよ」と言われたそうです。

こんな病院に、命の危険があるのにかかってしまったら・・。考えるのも怖いと言わざるをえないかもしれません・・・。

今回のような事件があったにも関わらず、さいたま医療センターの心臓血管外科では、年間で実に1000件もの手術が行われているのですから、重症患者さんのどれだけが、手術を受けられずに、泣き寝入りをさせられたのでしょうか・・。

 

さいたま医療センターの週刊ポストのスクープはEZRさえ無意味?

さいたま医療センターには、「EZR」という無料ですが、質の高い統計解析ソフトがあります。

ですが、今回の週刊ポストのスクープからすると、いくら優秀な無料統計解析ソフト「EZR」でも、真価を発揮するのはむずかしいかもしれませんね。

今回の、さいたま医療センターのスクープのあと、2019年2月現在では、心臓血管外科の手術は再開されているようです。

ですが、今回のスクープがなかったら、真相が明るみに出ることはなかったでしょう。

文部科学省は、2007年に作った指針「大学付属病院における医療上の事故などの公表に関する指針」では、患者が過失によって亡くなってしまった場合、届出をし、速やかな公表をすることを求めています。

ですが、年間2000件はあると予想されていた過失死亡の届出件数に反して、実際に公表されたのは、わずかに年間平均で400件ほどでした。

正確な公表がされないとなれば、いくら正確な無料統計ソフトの「EZR」といえど、力が発揮できないのは明らかです。

今後、さいたま医療センターは、週刊ポストのスクープを受けて、どんな対応をしていくのでしょうか・・・。

-ニュース速報, 事件・事故速報
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

甘利明のパロディー動画【ツイッター】現在もやっぱり頭長いわww

(画像引用元:甘利明さん 公式ツイッター) 自民党の甘利明選対委員長のパロディー動画が、「いやちょっと無理してないww」と話題になっていますね♪ 流行りのSNSをがんばっていくのはよいのですが、ちょっ …

白虎隊御朱印 取り止めの理由が史上最悪の観光客に。白虎隊御朱印帳を汚す

(画像引用元:Yahoo!ニュース) 実際に書かれた、白虎隊御朱印です。 白虎隊御朱印を取り止めた理由が、「ちょっと周りの配慮が足りないよね・・」と話題になっています。 そもそも、白虎隊御朱印とは神聖 …

田村淳が広告塔被害また?総額3750万円?インスタ関連会社に投資?

(画像引用元:https://entertainmentstation.jp/68342) ロンブーの田村淳さんが広告塔被害また?と話題になっていますね。 総額3750万円の被害で、インスタ関連会社に …

本田圭佑の退団示唆で本当するべきか?嫁や子供のために新ビジネスへ?

(画像引用元:Wikipedia) サッカーの本田圭佑選手の退団示唆で、本当にするべきかどうかが話題になっていますね。 本田圭佑選手のお嫁さんや子供さんのためには、そうするべきか?という声もあります。 …

松本潤 極秘渡米で目撃されていた!身長が実際に会うとオーラが凄い!!

松本潤さんが極秘渡米されていた目撃情報が話題になっています♪ 松本潤さんといえば、知らない人のいない、国民的アイドルグループ・ジャニーズの『嵐』のメンバーとして有名ですね! そんな松本潤さんですが、ア …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!