Arakazuの芸能ブログ

日々の面白い芸能ネタや、最新のニュース、CM情報、豆知識などを紹介しています。

ニュース速報 芸能・ゴシップ

石田ゆり子 反論のインスタ投稿はコチラ!猫画像のウラに本音が見える?

投稿日:2019年9月4日 更新日:

石田ゆり子さんです♪

(画像引用元:https://www.news-postseven.com/)

女優の石田ゆり子さんが反論しているとされたインスタ投稿が話題になっていますね!

石田ゆり子さんは、雑誌の記者さんたちからインタビューを受けるときに、

最近インスタなどのSNSの情報をうのみにして、取材を進める予定調和的な空気が、「勝手に物語を作りすぎないで・・・」と思いを語られていました。

石田ゆり子さんの反論のインスタ投稿は、愛猫ちゃんの画像の裏で、丁寧に本音に近い気持ちをつづっておられて、感慨深いものがありましたね・・・。

というわけで、この記事では、石田ゆり子さんの反論した実際のインスタ投稿と、猫画像の裏に見える本音、

石田ゆり子さんに対する世間の反響と、今後のインスタの展開について、まとめてみました。

 

スポンサードリンク

石田ゆり子 反論のインスタ投稿はコチラ!

石田ゆり子さんが反論されたとされる、実際のインスタ投稿はコチラになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

おはようみっつ坊や。 なんかかっこよくなってきたね… 朝からこんな話で申し訳ないのですが 先日の投稿を削除したことで なんだかよくない空気を感じるので改めてもう一度 誤解のないように書きます。 長くなったらごめんなさい。 連日、映画のプロモーションのために取材やら打ち合わせやらの日々なのですが 改めて感じるのは インスタグラムや ネットの情報をとても頼りにしておられるあまりに 一期一会の取材の場なのに 予定調和のやりとりといいますか 新鮮味のない話で終わることも 多く。 正直わたしは ネットをあまりに頼りにされると とても寂しい気持ちになるのです。 生きてる人間同士のやりとりは その場の空気を一番大切に するべきだと思うのですよね。 もちろん インスタを見て下さってることはありがたいけれど、 もっとオリジナルな 予想できないような切り口から 取材してもらえることって もうないのかなぁと ふと思った…ということですね。 記者の方が読んだら傷つく、かわいそうだという意見があり うーん? それは勝手に物語を作りすぎだと 感じました。 そういうことじゃあないんですよ。 私の思ったこと記録のはずなのに なぜかそれが 善悪で語られてしまう怖さは SNSの怖さなのかもしれません。 日々の記録は それ以下でも それ以上でもないのです。 どうかそのまま 善悪の区別などされずに ふーん、 そうおもってるんだね、とだけ 感じてもらえたら。 長々すみません!もうこの話は おわりにしたい。 そんなわけです。 今日も楽しく。 がんばるぞと。

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –

なるほど、石田ゆり子さんが反論したくなる気持ちもわかるような気がしますね・・・。

最近の、とくに小さなころからネットに接してきた世代の一人として、当ブログ管理人も感じるところに、

ネット上の情報を信じすぎている人が少なくないなー、という気持ちがあります。

以前、お笑い芸人のどなたかが、テレビで語っておられたような気がしますが、

「ウィキペディアの情報を全面に信じてこられて、それを元に雑誌のインタビューをされるのは、ちょっと・・・」

と、今回の石田ゆり子さんの反論に近いような内容をされていたことを、記憶しております。

確かに、石田ゆり子さんのインスタ投稿のように、ネット上の情報をうのみにして、実際に前にいる人が言っていることを受け止めないのは、

ちょっと違うのではないか、と思ってしまいますね・・・。

 

石田ゆり子 反論で猫画像のウラに本音が見える?

石田ゆり子さんの反論のインスタ投稿は、愛猫ちゃんの画像でなんとなく雰囲気をやわらげられているように感じました・・・。

石田ゆり子さんは、長年芸能界の第一線でご活躍されている方ですし、インスタが出るまえからも、メディアとの付き合い方は理解されていると思います。

2000年代になって、インスタやツイッターなどのSNSが、テレビのニュースでも世間の声として取り上げられるのは珍しくなくなりましたし、

そのことがかえって、石田ゆり子さんのように、インスタを使って日々の気持ちをつづっておられるような方だと、

「そこまでSNSの情報でこっちの気持ちを確定させられても・・・」と、とまどっておられるのかもしれません。

むずかしい世の中ですよね・・・。

◎【石田ゆり子さんの話題!】コチラの記事もどうぞ!

>>石田ゆり子は元彼のせいで恋愛恐怖症?結婚NGの理由は若い頃に・・

石田ゆり子は元彼のせいで恋愛恐怖症?結婚NGの理由は若い頃に・・

 

スポンサードリンク

石田ゆり子 反論への世間の反響

石田ゆり子さんの反論のインスタ投稿に対して、世間の反響は、SNSとの付き合い方に対して、慎重にならないといけないよね、と確認するような声が目立ちました。

実際に、

SNSの怖い所、勝手な解釈がストレスをためSNSで不満を爆発させる
風潮、倫理的な事を学ぶべき未成年の利用にある程度の規制は、かけ
なければと思う。未成年だけじゃないが・・・

文章には空気や表情は感じられない、声に出して発する重要性を
声を大にして言える大人が少なくなっているのも事実。
闇に覆われた人間が増えるのも理解できる・・・・・
本当に怖い世の中です。

(引用:Yahoo!ニュース コメント)

というように、相手の顔が見えない分、SNSの使い方には注意しないといけないと、感じている方の声がありました。

続けて、

  • SNSなんて、想像を湧き立てるための具材の様なもんだからね。
    旬の話題について乗っかりたいとか、興味ある内容だとか、そのSNSで見た内容の前後は、ついつい自分本位な物語を作ってしまいがちだと思います。
    それが怖いし面倒な部分でもあるけど、発信する側にとっては便利なツールでもあるからね。

    読みやすいようにするとか配慮も必要でしょうけど、空気を読めない人が多くなったのも確かだと思います。

  • 批判されるのが嫌ならSNSをやらなければいいっていうのは、確かに一理ある。ただ、だからといって、どんな批判を書いてもいいということでは絶対にないと思います。SNSは言葉で伝えるものだからこそ、誰しもが言葉を丁寧に選ぶことが大切だと思っています。
  • 最近特にネットリテラシーの無さが目立ちますね
    画面越しに存在する人も一人の人間であるということを意識しない人が多いし、自分に都合のいい物語を作り、こじつけで事実かのように拡散したり、遊び半分で動画投稿したり個人を晒したり…
    一度厳しく罰してやっちゃいけないことだと周知させる必要があるかもしれませんね

(引用:Yahoo!ニュース コメント)

というように、SNSの使い方には気をつけるべきという風潮が多く見られました。

また、石田ゆり子さんを擁護するような意見も多数あり、

  • 石田さんのSNSの記事を読んだ記者が、自分の批判的な感想を交えて取材をしたかと思った。それならば、誰だって怒るだろうね。石田さんの書いたことの真意を理解していなくて、その投稿されたSNSの話題を安易にぶつけたか。その記者がまた記事を書いて、石田さんの仕事に良くない影響を与え、周囲の誰かを傷つけるなら、大変に迷惑だ。インタビューするなら、SNSがソースであっても、しっかり石田さんの発信内容を分析してからだろうね。だから石田さんも再度の投稿なんだろう。この記事からだけでは、話がはっきり分からないけど。
  • SNSは一般個人がやっていても、会ったこともない人達とトラブルなくコミュニケーションする為には、色々配慮や言葉選びは慎重になります。バーチャルとリアルが入り混じった世界なので本音を語るのにはかなりの配慮が必要。それが芸能人だと相当な数の顔の見えない人たちを相手にしているのだから、賛否が多少分かれるのは想定できます。石田さんの場合、立場上SNSをやらざるを得ない中で、ちょっと感じた本音を多少ネガティブ?に表現しただけで炎上となってしまうのは可哀想な気もします。ホリエモンが言うように賛否が拮抗してなんぼの業界なんでしょうけど、国民的女優とはいえども一人の女性として考えるとそこまでの境地に達するのは中々難しいと思います。それほど非常識な発言でもなく、本人も丁寧に釈明してるしあまり引きずるべき問題ではないかと感じます。

(引用:Yahoo!ニュース コメント)

というように、しょせんSNSの情報なのですから、そこまで石田ゆり子さんが気負わなくても、といった意見もありました。

一方で、石田ゆり子さんみたいに発言力がある人がSNSを使うことの重みを感じている方もいて、

  • 記事を取材の際に取り入れるのと違い、インスタは本人の生のリアルな声だから、取材の際に事前にチェックをし、絡めた話題を投げかけることは間違いではないと思う。
    特に石田ゆり子はインスタで保護犬猫に関しても呼びかけたりし、実際に里親にもなってます。そういった話題を振るには、インスタを参考にしたりすると思います。
    以前も店員さんの声かけに関し批判をインスタであげてました。そして今回も…
    日記的なつもりかも知れないが、影響力のある方が、他人の仕事のあり方、それも間違ったことをしたわけではなく、石田ゆり子の主観をファンを味方につけコメントするのは、どうなんだろう。影響力のある人が、自分の主観は正しいみたいな感じで言われてもね。
    石田ゆり子だから世間が味方になってますが、これが神田うのとかが同じことをしたら、クレーマーだの、批判の嵐でしょうね。
  • 批判意見をスルーできない石田さん自身も結局同じ穴の狢なんじゃないのかな?

    単なる日々の記録と言うけど、以前も店員の接客態度に物申したり自ら炎上ネタを提供されてるんで、ちょっと説得力に欠けますよね。

    それなりに好感度もある芸能人だと自覚されてる方がSNSで意見する時って、深層心理では世間やファンを味方につける事が出来ると無意識に思っている可能性もあると思いませんか?

    石田さんも本当に意見したかったのならSNS上で感情的になるのではなく、その場で記者さんに注意すればいい話しだと思うんですよね。

    以前もSNSから距離を置くような話をされてたのにまたご自身の行動でニュースにもなって、石田さん本人も懲りない人だなぁ・・・と言う印象

    石田さん好きでしたけど、インスタ始めてスタイルブック発売された辺りから、ちょっとうん!?と思うようになりましたもん。
    結局はSNSも彼女の商売ツールなんですよ。

(引用:Yahoo!ニュース コメント)

というように、芸能人がSNSを使うことの意味には、商売もからんでいることから、むずかしいなあ、と感じてしまいましたね。

 

石田ゆり子 反論で今後のインスタの展開は?

石田ゆり子さんが反論した件で、今後のインスタでの展開は、多少気持ちをセーブしたような投稿は増えるかもしれませんね・・・。

石田ゆり子さんご自身が、「日々の記録はそれ以上でもそれ以下でもない」と語っておられますから、インスタの投稿自体は続けていかれるとは思いますが、

それでも、以前に石田ゆり子さんはSNSから距離を置くような発言をされていましたし、あまり心の内を吐露するような投稿は減るような気がしてしまいます・・。。

石田ゆり子さんみたいな、芸能人の感じていること・思っていることに触れられるからこそ、SNSは便利なツールでありますし、それは残念なことだとは思いますが・・・・。

 

まとめ:石田ゆり子 反論のインスタ投稿はコチラ!猫画像のウラに本音が見える?

石田ゆり子さんの反論の件、実際のインスタ投稿や、愛猫ちゃんの裏にかくされた本音、世間の反響について、まとめてみました。

今後の、石田ゆり子さんのインスタ投稿も、要チェックですね!

 

◎【石田ゆり子さんの話題!】コチラの記事もどうぞ!

>>石田ゆり子は元彼のせいで恋愛恐怖症?結婚NGの理由は若い頃に・・

石田ゆり子は元彼のせいで恋愛恐怖症?結婚NGの理由は若い頃に・・

◎【人気の女優さんの話題!】コチラの記事もどうぞ♪

吉田真希子 女優業 引退理由は料理が食べれない拒食症!【激ヤセ画像】

上白石萌音 ストレスは新作映画の罵詈雑言で?妹と比較されて大変!



-ニュース速報, 芸能・ゴシップ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マツコ会議動画まとめ。次週はVTuber特集?見逃して無料で見たいなら!

今週(2019年2月2日)のマツコ会議が、SNS発のコミックエッセイ作者をぶったぎっていて話題になっていますね! さすがマツコさん!! 次週はVtuber特集ということで、ツイッターが荒れていますが、 …

個人サイトの衰退の理由は作成の難易度強!あるある5選で草生えるw

個人サイトの衰退の理由を知っていますか? ツイッターやインスタグラムなどが出てくるまえの、個人サイトあるある5選が、 腹筋が崩壊するほど笑えて草生えるので、紹介いたします。   スポンサード …

華原朋美 経済事情は現在お金持ちの実家が支え?旦那がいないが大丈夫?

華原朋美さんです♪ (画像引用元:https://www.jprime.jp/) 華原朋美さんの経済事情は、現在お金持ちの実家が支えていて、子育ての準備の順調!とウワサされています! 華原朋美さんとい …

柴戸海 第1子誕生!命名「碧(あお)」結婚した嫁と話題のニュースとは?

浦和レッズのミッドフィールダーの柴戸海さんに第1子誕生が話題になっていますね♪ 若干23歳ですが、パパとなられて、本当におめでたいことですね(^^♪ 幸せなご家庭を築かれることを切に願っております!! …

新山千春の娘の中学校はどこ?受験しなくてエスカレーター?名門へ実力で?

新山千春の娘さんの中学校がどこか、話題になっていますね♪ 新山千春さんの娘さんは、長女で「もあ」さんという名前ですが、本当は受験しなくてエスカレーターで中学校に上がったともいわれています! というわけ …

ブログ運営者:Arakazu(あらかず)

福岡県在住の30歳(男性)。
趣味はテニスと読書。

テニスに関するコツや、豆知識を当ブログにて公開中。

テニスは高校・大学はかなりやっていたが、
最近は少々ごぶさた。

プレースタイルはオールラウンド。
(という名の器用貧乏)

基本的に戦術を立てて戦うスタイルで、
相手の弱点をつく戦法が好み。

歴代最高の選手と名高い、
ロジャー・フェデラーを目標に練習中。
(高校のときは、毎日動画を見てたなー)

芸能情報、東洋医学と速読にも興味があります!